シンガポールの過去最大級のフロート式太陽光システム

  二酸化炭素排出削減317.47トン        4264本の植樹に相当します

シンガポールの過去最大級のフロート式太陽光システム

2016年10月に、シンガポール最大のフロート式太陽光太陽光システムはが本格的に稼働を開始。設備容量は204KWで、このプロジェクトはシンガポール政府が飲用水水源での太陽光システム運用を検証するためのものです。このプロジェクトは、セラフィムで生産した太陽電池モジュールが採用されモジュール型番はSRP-315-6PAです。

シンガポールは、環境保護への取り組みは世界的にも有名ですが、限られた国土の中で、水上フロート式太陽光システムは非常に有効な手段と考えられています。

今回の実験プラットフォームはTengehダムに立地し、試験は二段階で行われます。第一段階では、Tengehダムの1ヘクタール分の水面において10種類の異なるシステムをテスト、6カ月間の評価で一番稼働率の高い2システムが第二段階の試験に進むことができます。セラフィムはこの2つの試験に合格後し、シンガポールは、今後メガクラスでの大規模発電所での有用性を検証し、今後2MWの発電所の開発を検討します。

提携について、シンガポール最大級のEPCメーカーの責任者によると、我々はモジュールサプライヤーの選定にあたりTier1メーカーの中から太陽電池モジュール製品の耐用寿命、作動環境、温度範囲、品質保証期間、劣化率などの性能やアフターサービスについて情報を収集の上、総合的な判断のもと、セラフィムを選定したとのことです。多数のメーカーとの比較においても優良なメーカーであり、引き続きセラフィムと提携し、長期的な視野に立った供給契約を締結を進めたい。

世界トップレベルにある太陽電池モジュール製造メーカーとして、セラフィムは現在では、フィリピンのマニラ、セブなどの地域で、既に複数の屋根と産業用プロジェクトの実績があります。更に、複数のプロジェクトが進行中です。将来においてもセラフィムは品質、技術、サービスの全ての面においてイノベーションを駆使しお客様のために収益性の高いシステム構築のため高品質な製品をお届けします。