細分化による収益性の向上

セラフィムは、世界トップレベルの多数の最先端技術を有しており、力強いイノベーション力でお客様へより高い投資リターンをお届けしています。自社ラボへの設備投資、人材確保、継続的な研究開発のにより、セラフィムは太陽光製品の研究開発分野での投資に力を入れています。現在では、多数の先進的な太陽光特許技術を保有しており、技術研究開発を重視することで、太陽光産業のリーディングエッジカンパニーであり続けます。

CSA、TÜV、CNAS、CTC認証ラボ

モジュール変換効率21.1%

グローバルに100名を超える研究開発エンジニアが在籍

100以上の特許

製品ロードマップ

WORLD-CLASS R&D CENTER

世界トップレベルの太陽光製品研究開発センター

世界トップレベルの太陽光製品製造メーカーとして、セラフィムは太陽光技術の研究に専念しています。2013年に、セラフィムは研究開発とテストラボを設立しました。太陽光製品の研究開発、新材料の試験、モジュール発電効率向上、お客様のニーズに応じたカスタマイズ試験、定期的な製品抜き取り検査などの作業においてラボが活用されています。
ラボは、風光明媚な江蘇省常州市に位置し、敷地面積は722m2です。ドイツ製の電気性能試験機、ウォークイン気候シミュレーションテストボックスなどの主たる計器設備20セット余りが配置され、研究開発エンジニアは80名余りが在籍、検査測定要員は20名余りが従事、より完璧な結晶シリコン系太陽電池モジュールの研究開発と検査測定能力を持っています。
ラボは、CNAS認証を取得済みで、ISO/IEC17025のラボ認証要求事項に適合、TÜV SUDのTMP、CSAのWMTC資格並びにCTC国検グループ授権ラボ資格も取得済みです。これは、TÜV SUDやCSAエンジニアの立ち合いのもと、ラボテストの結果を認証根拠とすることが可能ということを意味しています。この体制により、新製品の認証時間の短縮が可能となり、新製品の発売サイクル効率化を実現しています。

権威のある第三者機構による認証

  • 認証コストと時間の節約

  • 市場へのクイックレスポンス

  • 研究開発コストの削減

  • 新製品リリースサイクルの効率化

  • テスト信頼性の強化

世界トップレベルのラボ試験設備

  • 精密電気特性試験機

    H.A.L.M.社は、世界でも名高い太陽光製品性能試験設備メーカーです。H.A.L.M.電気特性試験機は、世界の先進な3A+級光源を搭載し、複雑な電力調節システムにより、自由に光パルスを調整でき、アクティブ電子負荷の採用で、負電圧さらに負の電流領域でのテストが可能となり、Voc及びIsc測定の信頼性を担保しています。同時に、ユーザーは方向、速度、時間、テスト部位の分布を制御でき、特殊なセル技術でもデータの収集が可能です。

  • ドイツVOTSCHウォークイン気候シミュレーションテストボックス

    VOTSCH製のカスタマイズ気候シミュレーション室がセラフィムの自動化生産ラインに導入されています。この設備は、ドイツで設計製造されたもので、エコフレンドリーの思想により製造されており、サーマルサイクル、結露氷結、ダンプヒートなどのようなテストデータの提供が可能で、製品の更なるアップグレードと信頼性の向上を実現しています。

  • アトラス光源、本物の太陽光の再現

    光源設備はAtlas製で、IECスタンダード要求事項に準拠した製造メーカーです。特殊な2000Wメタルハライドランプが搭載され、高強度UV-BとUV-AセクションUVの周波数スペクトルの発生が可能です。各放射灯には精度アップ用の反射システムがついており、均一な分布での放射が可能です。

厳格なテスト項目

トップ