夜明け

BLADE™ シリーズ

ハーフセルモジュールシリーズは、ふたつの電気回路からなり、使用される太陽電池セルは従来のモジュールと違います。イクリプス製造で培った高精度レーザー切断技術により通常の電池セルを半分に切断します。この手法により、セルの電流値は半減し、モジュール内部の電気ロスを大幅に低減しました。同時にハーフセルのセル間の隙間が増えることにより、モジュール内での光の反射回数が増加し光の吸収率を向上させることができました。これらの要素により太陽電池モジュールの出力を向上させることができました。

より低い内部電気ロス、より高い出力

一般的な太陽電池モジュールと比べると、BladeTMハーフセルシリーズは直列ストリングスにおける電気抵抗が低く、より効果よくモジュール内の電気的ロスを低減しています。これにより高い出力のモデルが誕生しました。

BLADE™-SERIES-SOLAR-MODULE-Structure-diagram

影の影響や低照度環境に強い

Blade™ ハーフセルシリーズは、ふたつの独立した回路により構成されています。ハーフセルモジュールの場合、影がかかる場合でも影がかかっていない残り半分回路が正常に発電します。ハーフセルモジュールは影の影響を50%削減できるモデルです。

各種プロジェクトに適用

RESIDENTIAL

家庭用太陽光発電プロジェクト

COMMERCIAL

商工業屋根プロジェクト

UTILITY

地上設置発電所プロジェクト

製品特性

  • ハーフセル太陽電池技術を基に、モジュール
    設計を見直し、発電出力の最大化を達成。

  • モジュール内の電気的不一致による
    ロスを回避しすることにより発電を確保

  • BOSコストと施工コストの削減に寄与

  • 大型地上設置型の発電所や陸屋根並びに
    住宅向けに最適

  • ホットスポットの影響を低減

トップ